ヒマラヤ・ネパールのトレッキングツアーはトレナビ へ

ヒマラヤ情報館

お探しの情報カテゴリーを選択してください

ネパールビザの取得

ネパールビザの取得

ネパール観光ビザの種類

 日本人が観光目的でネパールに入国するには、観光ビザ(Tourist Visa)の取得が必要です。ネパールの観光ビザは期限が15日(4,000円)、30日(6,000円)、90日(15,000円)の3つの種類がありますので、旅行期間に応じて必要なものを入手しましょう。ちなみに、ネパールの観光ビザはすべて「マルチプルエントリー」といって、期間内であれば何度でも出入国が可能なビザとなっておりますので、ネパールからブータンを往復することも可能です。

 ネパールのビザの取得方法は2つ。日本にある在日ネパール大使館で取得する方法(郵送可)と、ネパール入国時にカトマンズのトリブバン国際空港や陸路国境にあるイミグレーションオフィスでアライバル(到着)ビザを取得する方法があります。

 アライバルビザを取得した方が手間は少ないですが、英会話が心配という方や空港で並びたくないという方は事前に日本で取得することをおすすめします。
また、アライバルビザを取得する場合、申請書を作成するための機械やVisaの料金を支払うカウンターで渋滞してしまうため、現地空港で30分〜1時間ほど余計に時間がかかります。そのため、団体ツアーに参加される場合は日本での取得が必須となります。

日本でネパール観光ビザを取得する方法

 大使館へ直接資料を持っていくことも可能ですが、一般的には郵送で取得する方が多いと思いますので、ここでは郵送での取得方法をご紹介します。

おおまかな流れは次の通り。旅行代理店に代行取得を依頼することも可能(代行取得料:4,400円〜7,000円程度)ですが、お客様ご自身での取得も難しくなりませんので、出発までの日程に余裕がある方はご自身で対応頂いても良いかと思います。

<申請の流れ>
① 申請書類5点を準備する
② 書類を在日ネパール大使館に簡易書留で郵送する
③ 1週間ほどで到着(返送されたパスポートの査証ページにVisaのシールが貼られています)

ネパール観光ビザの申請書類

申請のために郵送する書類は下記の5点です。
<申請用書類>
• パスポート(残存期間が日本出国時に 6 ヶ月以上あるもの)
• 申請書(東京用)
• 証明写真(3.5×4.5)*必ず申請書から取れないようにしっかり貼る
• 申請料:15Days=4,000 円 30Days=6,000 円 90Days=15,000 円
*2019年7月に料金が上がりました。過去に申請された方はご注意ください。
• 簡易書留返信用封筒(宛先に自身の住所を記載したもの)
*郵送前に自身の住所が記載された封筒に簡易書留の切手を貼るよう郵便局で依頼してください。

申請書の作成方法についてお伝えします。
まずは、下記のURLから作成方法に応じたフォーマットをダウンロードしてください。

ダウンロードしましたら、下記の画像を参考に必要事項を記入してください。申請書が完成しましたら、写真の欄に証明書を貼り付けてください。

トレナビ への質問や簡易サポートは無料ですので、不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。不明点をそのままにして申請のやり直しになるととても面倒です。

証明写真については、スマートフォンやデジカメで撮影したものをご自宅のプリンターでプリントアウトし、そちらを規定のサイズに切って頂いても問題ありません。わざわざ証明写真を撮影に行くのが面倒という方にはおすすめです。

ネパールビザ申請書類の郵送

 申請書類が整いましたら郵便局へ向かいます。
まずは、ご自身の住所が記載された返信用封筒(必ずパスポートが入るサイズの封筒をご準備ください)に簡易書留の切手を貼ってもらってください。
*簡易書留320円+返送料140円で460円となります。

 次に、現金書留用の封筒に申請料、申請書(証明写真付き)、パスポート、返信用封筒を入れて郵送を依頼してください。
*現金書留435円(5,000円毎に+10円)となります。

パスポートの返送

 1週間程でパスポートが返送されてきます。パスポートに付箋が貼っていますので、そちらのページを開くと、VISAのシールが貼り付けてあります。これでVISAの取得は完了。
ネパール入国時にイミグレーション(入国審査ゲート)でパスポートを提出するとこちらのシールを係員がチェックして入国出来ます。